お金を借りる

本当に即日融資?

 

大手消費者金融などのカードローンは、「即日融資」をうたっているところがほとんどです。

 

即日融資可能なカードローン

 

でも、本当に申し込んだその日に、お金を借りることができるのか心配ですよね。。

 

実際のところは、必ず即日融資してくれるのではなくて、即日融資が可能だということです。

 

何故かというと、当然のことながら融資をするための審査があります。

 

カードローンの審査は、各消費者金融が決めた取り決めに基づき行われますが、もちろんある程度の時間を要します。

 

消費者金融に比べると銀行のほうが審査は厳しくなりまからし、審査時間も銀行のほうが長いでしょう。

 

つまり銀行に比べて消費者金融のほうが審査が早く、即日融資が可能となっていると言えるでしょう。

 

そして大手消費者金融の審査業務は、平日も土日祝日も夜の9時ごろまでやっています。

 

ですから、夜の9時に審査が完了できる時間に申込むのがタイムリミットを言えるでしょう。

 

つまり夕方以降になって申し込んでも、即日融資してもらえる可能性は低いと言えます。

 

また、審査業務の混み合い状況によっても審査時間は違ってきますので、午前中など早い時間に申し込むのに越したことはありませんよね。

 

そして、スムーズに審査をしてもらえるよう必要書類(本人確認のための運転免許証や、借入希望額によっては収入証明書類)を用意しておくことは言うまでもありません。

 

 

本人確認と在籍確認

その審査のために、本人確認のための電話や、職場への在籍確認なども行われます。

 

在籍確認は多くの場合、職場への電話によって行われますが、金融会社の名前ではなく個人名でかけてくれます。

 

本人がいなく電話に出れなくても、「本日は休んでおります」と、在籍していることを確認できればOKです。

 

もちろん、その場にいれば電話を代って本人確認が行われます。

 

しかし、夜になって職場で電話に出る人が誰もいないと在籍確認ができませんので、審査が翌日以降になってしまいます。

 

振込とATM

また、お金を借りる方法としては、振込キャッシングか、カードを使用したATMキャッシングになります。

 

カードを受け取る方法としては、郵送か最寄の自動契約機等になりますが、郵送では即日融資は不可能です。

 

自動契約機は夜の9時ごろまで営業していますが、近くにないと受け取るのが面倒なので、基本的には振込キャッシングによる場合が多いでしょう。

 

そうなると、銀行振込は平日15時までしかできませんので、振込による即日融資の条件としては、平日14時までに契約が完了していることになります。

 

しかし、消費者金融では、指定する銀行口座を振込口座として登録すれば、ネットバンキングにより24時間振込対応してくれるところもあります。

 

例えば、プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行、アコムなら楽天銀行の口座を持っていれば、夜に契約成立となっても即日融資してもらえる可能性はあります。

 

プロミス公式

 

アコム公式