お金を借りる

実際のことろ金利は?

 

お金を借りるときに最も気になるのは金利ですが、無担保・無保証人で使い道も自由なカードローンは、目的型のローンに比べると金利は高めとなっています。

 

しかもカードローンの金利の表記を見ると、「年 3.0%〜18.0%」のように幅がありますが、これはどういう意味でしょうか。

 

まず、数字の小さいほうの金利を下限金利といい、数字大きいほうの金利を上限金利といいます。

 

カードローンは同じ商品でも利用する人によって金利が異なり、下限金利と上限金利の間の金利が設定されます。

 

金利はこちらでチェック

 

カードローンは利用限度額の範囲内なら何度でも自由にお金を借りることができます。

 

利用限度額は審査により決定されますが、その利用限度額によって金利は設定されるのです。

 

ただ、単純に利用限度額で決まる商品と、同じ利用限度額でも金利に幅がある商品があります。

 

例えば利用実績によっても設定される金利は異なる場合があります。

 

 

ですから、初めてカードローンに申し込むような場合には、多くの人は上限金利が設定されると思ったほうが良いでしょう。

 

つまり、「年 3.0%〜18.0%」の例でいえば、年18.0%になると思えば良いでしょう。

 

「年 3.0%〜18.0%」と、「年 4.5%〜17.8%」のローンでは、後者のほうが金利が低くなるかも知れません。

 

下限金利は高い信用があって利用実績のある人でないと適用されないと思いますので、下限金利が低いという理由でカードローンを選ぶのは間違っていますので注意しましょう。

 

カードローンの実質年率