お金を借りる

どのくらいの返済額なの?

 

カードローンを選ぶとき、金利が一番に気になると思いますが、消費者金融に比べると銀行が少し低くなっています。

 

金利が違うと、トータルで支払う利息に違いが出てきますが、忘れてはならないのが月々の返済額ですよね。

 

最低返済額はこちらでチェック

 

銀行だと金利は低くても、最低返済額が多い場合がありますので、支払いに苦労する可能性があります。

 

もちろん、同じ額のお金を借りていて金利も同じなら、月々の返済額が少ないということは、返済する元金が少ないということです。

 

なかなか元金が減らないので、返済期間が長くなり、支払う利息も多くなります。

 

つまり、そもそもの金利の違いによってもトータルで支払う利息は変わりますし、金利が同じでも月々の返済額によってトータルで支払う利息が変わってきます。

 

ただ、お金を借りる理由があってカードローンを利用しているわけですから、毎月の返済額が多いと支払えなくなるリスクがあります。

 

トータルの利息は多くなっても、毎月の返済額は少ないく抑えて地道に返済することも大切ですよね。

 

 

毎月の返済額は、借入残高に応じて決められているのが一般的です。

 

例えば、消費者金融のプロミスなら計算式で決められていますが、最低返済額は月1,000円〜で、借入残高が27,700円くらいから2,000円になります。

 

プロミス公式

 

アコムも最低返済額は月1,000円〜で、借入残高が23,800円を超えてくると、2,000円になります。

 

アコム公式

 

モビットの場合は、借入残高が10万円未満なら月4,000円となっています。

 

SMBCモビット公式

 

銀行にも消費者金融並みに少ないところもあります。。

 

三菱UFJ銀行のカードローンは借入利率によっても異なりますが、年8.1%超える場合は、借入残高が10万円以下の場合、月々の返済額は2,000円となっています。

 

じぶん銀行の場合は利用限度額に応じて月々の支払額が異なっており、限度額10万円〜90万円の場合、借入残高が10万円以下の場合2,000円となっています。

 

 銀行のおすすめカードローン一覧