予期せぬ出費が発生したとき

お金を借りるときは予期せぬ出費が発生したとき

 

私は基本的には衝動買いなどしないので街で欲しい物を見かけてキャッシングでお金を借りるということはまずありません。

 

一応、計画的に月々の収支は考えているのでそれほどお金を借りるということは普段の生活ではありませんが、人生予期せぬ出費というのは突然発生します。

 

やはり予測できない出費の代表といえば冠婚葬祭のお金だと思います。

 

婚礼などはある程度、それでもそろそろ誰かが結婚しそうという話を聞くこともありますが葬式だけは突然訪れる場合があります。

 

他人ならまだ香典程度ですみますが、身内の葬式が発生するとその葬儀代が必要になり、そのときに貯金もなく現金がないので本当に困りました。

 

幸いなことに親戚がその事情を知り、私たち家族に葬式代を立て替えてくれるということになってお金を借りることができました。

 

もし親戚がお金を貸してくれなければ、消費者金融などにお金を借りるなどするしかない状況でしたがそこまでにならずに助かりました。

 

これぐらいのことでないとなかなかお金を借りる機会がないように思います。

 

後はやはり突然の大病などになって治療費がかかるというときも予期せぬ出費という形になり借りるしかないという状況になりそうです。

 

そういう意味でも、突然の予期せぬ出費にも対応できるぐらいのお金というものは最低持っておかなければお金を借りるしか方法がないということになります。

 

お金を借りるとますます生活が苦しくなるのでできるだけ借りないようにしたいと思います。