お金を借りるときは金融機関

お金を借りるときは友人より金融機関から借りたい

 

何かに使うお金が必要でも手元にないのなら、誰かから借りる選択をしなければいけないです。

 

ないものは借りて解決する、これは昔から行われてきたことで、是非を問うまでもなく浸透している手段です。

 

ただ、私はお金を借りることに関してあまり良い印象を持っておらず、できれば借りないように心がけて生活しています。

 

その理由はお金を借りたことによるさまざまなトラブルが怖いからです。以前私は友人から3万円ほどお金を借りたことがありました。

 

生活に切羽詰まってとか、何かのビジネスを始めるための資金とかそんな理由ではありません。

 

何に使ったのかを忘れてしまうくらい、些細な理由でお金を借りたのです。

 

ですが、友人から借りた3万円のせいで、関係はギクシャクするようになってしまいました。

 

借金をすると会ったときもまずその話題に触れるところから始まりますし、気軽な友人関係をいつの間にか続けられなくなってしまいました。

 

私がある程度の期間内にすぐ返済をしていれば、波風は立たなかったのかもしれません。

 

ですが、当時バイト生活をしていた私は借金をすぐに返済することができず、だいぶ経ってから完済したのです。

 

それ以降友人と会う機会は減り、完済したとはいえ信頼を失ってしまったのだと気付きました。

 

お金を借りたことで関係にしこりが残るのは本当に悲しいですし、そうなるくらいなら友人ではなく金融機関から借りたほうが良いです。

 

ですので、次にお金を借りるなら、友人ではなく金融機関から借りたいです。