ネットでお金を借りる

ネットでお金を借りる〜即日融資可能な場合も!

いつもお金がないときに限って急な出費があるんですよね。そんなことないですか?

 

私はいつも給料前になると何故だか出費がかさみお金が足りなくなります。そんなことないように余分に持っておけば良いのですが、今の給料では貯金を考えるとそうもいかない現実があります。汗;

 

そんなときにカードローンを一枚持っていれば便利ですよね。お金を借りる必要に迫られたときに、ATMでキャッシングすることはもちろん、ネットから申込んで振り込んでもらうこともできますから。

 

私も利用するようになってから、急な出費があっても困ることがなくなりました。

 

新規申込みでも、ネットから店舗に行くことなく契約までできて、申込む時間帯によっては即日融資だって可能な場合があるんですよ。

 

しかも大手消費者金融なら、はじめての方の場合最大30日間金利が無利息になります。

 

ネットでお金を借りることができるなんて、本当に便利な世の中になりましたね。

 

ネットでお金を借りるのに便利なローンを紹介

ネットで申込から契約までできる便利なカードローンを紹介しますね。

 

プロミス

カードレスも可能で、郵送物なしの「WEB完結」も可能です。

  • WEB契約なら即日融資も可能!(※1)
  • メアド登録とWeb明細利用で30日間無利息
  • 返済方法を口座引落にすればカードレスも可能
  • 24時間振込キャッシングが可能(※2)
  • スマホアプリでのATM取引可能(※3)
  • 三井住友銀行ATMでの取引も手数料無料
  • 学生、パート・アルバイトでも大丈夫
  • 3項目の診断で簡単「3秒診断」

詳しく見る

女性オペレーター希望の方はこちら

(男性も申込みできます)

※1 申込みの時間帯によっては翌日以降になる場合あり
※2 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座のみ
※3 セブン銀行ATMのみ

 

アコム

「はじめての、ん・ん・ん」でお馴染み、消費者金融の大手の一つですね。

  • 審査回答最短30分で即日融資も可能(※1)
  • はじめての方なら最大30日間金利0円
  • 24時間振込キャッシングが可能(※2)
  • アコムのATMは24時間営業
  • パート・アルバイトの方もOK
  • 借入可能かすぐに診断!「3秒診断」

詳しく見る

※1 申込みの時間帯によっては翌日以降になる場合あり
※2 楽天銀行の口座のみ

 

SMBCモビット

WEB完結申込(申込み条件あり)なら、電話連絡も郵送物も一切なし。

  • 10秒簡易審査結果表示。即日融資も可能(※1)
  • 「WEB完結申込(※2)」なら電話連絡なし
  • 通常の「カード申込み」なら郵送で入会手続き
  • スマホアプリでのATM取引可能(※3)
  • 三井住友銀行ATMでの取引は手数料無料
  • 自社店舗窓口・ATMの設置なし

詳しく見る

※1 申込みの時間帯によっては翌日以降になる場合あり
※2 社会保険証か組合員保険証を持っていて、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人のみ可能
※3 セブン銀行ATMのみ

 

アイフル

ネット(PC・スマホ)からの申込みなら、カードの配達時間の指定が可能です。

  • 最短30分で審査完了、即日融資も可能(※1)
  • はじめての方なら最大30日間利息0円
  • 本人限定配達で誰にも知られずカードを受け取り
  • 事前に融資可能か「1秒診断」

詳しく見る

※1 申込みの時間帯によっては翌日以降になる場合あり

 

 

 この他にもネットで便利にお金を借りることができるカードローンはあります。

 ネットでお金を借りる!便利なカードローン

ネットでお金を借りる方法

ネットから申込んで審査に通過したらネットで契約が可能です。

 

ネットで契約ができたら、まず会員ページから振込先の銀行口座を登録しましょう。

 

振込依頼をすることによって登録口座にお金を手数料無料で振り込んでもらうことができます。

 

SMBCモビットとアイフルは通常の銀行振込の時間(平日の15時まで)しか振り込んでもらえません。

 

プロミスとアコムは指定の銀行口座を登録すれば、24時間振込でキャッシングが可能です。

 

プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座で、アコムは楽天銀行の口座なら24時間振込に対応しています。

ネットでお金を借りるメリット

ネットでお金を借りるメリットは、なんといっても外出しなくても良いということでしょう。

 

銀行口座にお金が必要なら、振り込んでもらえばいいだけですからね。

 

それに店舗窓口や無人契約機などに入るのは気が引けますので、スマホやパソコンから契約までできるのは嬉しいですよね。

 

さらにネット申込なら即日融資にも対応しているので、必要なときにすぐに借りられるのがいいです。

 

手元に現金が必要なら銀行口座から引き出す必要がありますので、ATMでキャッシングするのもあまり変わらないかもしれません。

 

ただ、コンビニなどの提携ATMを利用すると手数料が必要となりますので、銀行口座に振り込んでもらって引き出せば手数料なしにもできます。

 

自社のATMなら手数料は無料ですが、24時間営業なのはアコムだけで、プロミスは24時まで、アイフルは23時までで、モビットは自社ATMを設置していません。

 

銀行カードローンの場合

銀行からネットでお金を借りるのは大手消費者金融に比べると少し不便となっています。

 

自行のネットバンキングによる取引となっている銀行が多く、ネットからできる振込キャッシングのサービスは良いとは言えまえん。

 

ネットを使って銀行カードローンを利用するなら、預金口座を持ちネットバンキングを契約している銀行のローンにすべきですよね。

 

 ネットでお金を借りる!便利なカードローン

 

カードローンの申込み時に気になることをチェック

カードローンを利用することについて・・・

カードローンを一枚財布の中に入れておくのをお薦めします(Aさん)

急にどうしても物入りになった場合、手早くまとまったお金を借りるなら、私はカードローンを使います。

 

友人にはやはりお金は借りにくいですし、返済出来なくなったりと、何かあった時には友情が壊れる原因にもなりやすい。親に借りるのも相当の理由がなければ迷惑を掛けるようで、気が引けてしまいます。

 

ならどこかお金を貸してくれる所、と絞ると金融会社になります。

 

消費者金融はすぐ貸してもらえますが、なかなか店に入って審査を受けるとなると、どうも敷居が高く感じてしまいます。信販会社でキャッシングもいいのですが、自動返済にしていると、利息が高くなったり一括返済にしても、手数料が掛って細々お金が掛ってしまいます。

 

それと違い、カードローンは銀行のATMコーナー内で審査も受けられますし、銀行のATMで簡単に下ろせる為人目が気になりません。使用する場合も、傍から見ても銀行のATMを使っているように見えますので、お金を借りているとは分かりません。

 

返済も自由で、返したい時に同じく銀行のATMで返すことが出来ます。返した時の利息計算も、ATMで自動計算してくれるので、全て銀行のATMで処理を済ませる事が出来るのです。

 

カードも銀行のカードと似ているので、財布の中に入れておいても目立ちません。

 

一度契約しておけば、解約するまでずっと使えるので借入金が0円のままでも携帯しておいて、また同じように物入りになった際は、銀行のATMですぐ使えます。

 

いざという時のためにも、カードローンを契約して、財布の中に入れておくのをお薦めします。

 

ネットでお金を借りるなら

銀行のカードローンは金利が低めです(Bさん)

どうしても今月ピンチ!とか急に車が壊れたとかで、いきなりまとまったお金が必要になることってありますよね。私はよくあります。いい大人なんだから貯金しとけよって感じなんですが、私の微々たる貯金じゃ足りないんですよ。

 

そういう時、まず誰を頼るか?といえば親です。仲のいい友達からお金を借りるのだけは絶対避けたいです。お金のことって気にしないよってみんな言いながらもかなりシビアな問題ですもんね。それに兄妹もNGです。だって、弟からお金を借りたら、絶対に返せ返せうるさいですから。

 

だから私は親1択なんです。だって親は返済を求めたりしませんからね〜。齧れる脛はかじっとけっていうのが私のモットーなんです。

 

とは言うものの、毎回親に頼る訳にも行きません。あんまりにも頻繁にお金を借りてたら、一人暮らしなんてやめて帰ってこいって言われかねないです。

 

そういう時、私が頼るのは、銀行のカードローンです。どうしても、って時だけですけどね。
銀行のカードローンって消費者金融と違って、金利が少し低めなんです。

 

しかも消費者金融みたいに全国のコンビニのATMでキャッシングできたりするんで中々便利なのです。返済も月々の口座引き落としだから、うっかり忘れもありません。

 

ってことで、私はお金に困ったらまず、親に頼って、それでも足りないって時は銀行にお願いすることにしています。いい社会人なんだからお金に困らないってのが一番なんですけどね。

 

ネットでお金を借りるなら

お金を借りる方法について

お金を借りる方法(相手)としては、大きく分けて公的機関、金融会社や銀行、個人などがあります。

公的機関

公的機関としては、自分で事業を営んでいる人であれば、100%政府出資の金融機関である日本政策金融公庫(日本公庫)から、設備投資のためのお金や運転資金を借りることができます。

 

この日本政策金融公庫では事業を営んでなくても、「国の教育ローン」として誰でもお金を借りることができるのです。

 

また、社会福祉の制度として、生活福祉資金貸付制度があります。

 

この貸付制度は、都道府県の社会福祉協議会が実施主体ですが、都道府県内の市区町村社会福祉協議会が窓口となっています。

 

この制度を使ってお金を借りることができる人は、低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯などとなっています。

金融会社や銀行

金融会社銀行はお金を貸し付けることがビジネスなので、公的機関でお金を借りるのとは違い、収入が多いほど借りやすくなります。

 

一定の収入があり普段はお金に困らない人が、一時的にお金が必要なときに利用する方法と言えるでしょう。

 

その中でも、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなど目的に応じてお金を借りることができるものと、使い道が自由なフリーローンがあります。

 

フリーローンの中でもカードローンは、利用限度額の範囲内であれば、いつでもどこでも何度でもお金を借りることができる非常に便利なローンとなっています。

 

また、生命保険に入っている人なら、保険の種類によっては契約者貸付けという制度があります。

 

これは積立型の保険の場合に、積み立てたお金を担保に貸し付ける制度で、金利を1年に1度支払えば元金はそのまま借り続けられます。

個人

個人の場合、借りる相手は身内や知人など様々だと思いますが、きちんと契約書を交わさない場合が多いです。

 

そういう場合は、いくら身内だからと言ってもトラブルになるケースも多いので、個人からお金を借りるのは、あまりおすすめできる方法ではありません。

 

 

ネットでお金を借りるなら